top of page

町内会役員会(令和6年2月)会議報告


 九鬼町内会役員会が令和6年2月20日(火)15時30分より、九鬼コミュニティセンターで開催されました。

 各議題について、下記の通り報告いたします。


1、能登半島地震について尾鷲市防災危機管理課より報告

 尾鷲市防災危機管理課職員の方にご参席いただき、令和6年1月1日に発生した能登半島地震により被災した輪島市門前町への応援派遣について、現地の状況や尾鷲市における災害対策に活かすことのできる知見をご共有いただきました。九鬼地区自主防災会としての今後の災害対策や、市と協働しての避難所運営マニュアルの作成、事前復興計画の策定などに活かしていきます。


2、岬神社祭礼について

 九鬼町の青年団「同友会」の解散にともない、例年4月第一日曜日(令和6年は4月7日)に開催されている岬神社の祭礼について、町内会運営に移行してできることはないか、意見交換が行われました。引き続き検討し、3月頃にお知らせいたします。


3、町内会事務所の開設について

 以前より協議が続けられておりました町内会事務所について、九鬼漁村センター北側の事務所スペースを九木浦共同組合より借り受けて、令和6年1月より開設することと決まりました。各種の会議・会合や町内会活動の作業拠点として活用していきます。


4、かわら版の掲載内容について

 かわら版3月号への掲載記事について、協議しました。2月末に各戸へ配布予定です


5、その他の報告

・2015年5月に開業し、2019年からはNPO法人九鬼ABABA倶楽部により九鬼町の交流促進・生活支援の拠点として運営されてきた食堂「網干場」事業が、「食堂アメイル」への物件引き継ぎにともない、活動を終了する旨の報告がありました。




令和6年4月10日(水)までにお知らせください。


次回役員会の開催予定:令和6年4月18日(木)14時〜

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page