top of page

町内会役員会(令和5年2月)会議報告


 九鬼町内会役員会が令和5年2月14日(水)15時より、九鬼コミュニティセンターで開催されました。

 各議題について、下記の通り報告いたします。


1、尾鷲市地域防災力向上補助金の活用について

 尾鷲市地域防災力向上補助金について、今年度は、防犯・避難経路の安全確保のために設置しているソーラーライトの購入に活用することとなりました。来年度の活用についても引き続き検討してまいりますので、ご意見をお寄せください。


2、九鬼町に関するシンポジウムの開催について

 数年来、九鬼町の調査を続けられている建築学者の方々により、3月11日に九鬼町に関するシンポジウムが開催されることとなりました(会場:県立熊野古道センター)。詳細は別途、本ウェブサイトでもお知らせいたします。


3、町内の携帯電波状況について

 九鬼町内の5G電波接続状況の改善のため、通信会社5社共同のアンテナが九鬼コミュニティセンター敷地内に設置予定です。

 また、インターネットやスマートフォンを利用する際のリスク回避などについて、尾鷲警察署とNTTドコモ共催の「サイバーセキュリティ講座」が3月7日に開催されることとなりました(会場:九鬼コミュニティセンター)。


5、提案された今後の議題・課題

 ①子育て世帯の移住推進に取り組むべきではないかという提案

 ②地域おこし協力隊可知景子氏の退任について

 ③今後の九鬼町における観光誘客について

 ④空き家対策について

 ⑤町内の消防団倉庫に付設されるトイレの管理体制について

 ⑥サンマ不漁など昨今の漁業の状況について


4、かわら版掲載記事について

 かわら版3月号への掲載記事について、協議しました。2月末頃に各戸へ配布予定です。




次回役員会の開催予定:令和5年4月11日(火)

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page